恋人探しを有利に行う方法

人間の男性と女性の比率は、ほとんど同じくらいだと言われています。どちらかが多いということはありませんので、ちょうど良いバランスが保たれていると言って良いでしょう。

そう考えると、自分に恋人がいなければ、異性でも自分と同じ立場の人が1人いるということになりますね。

しかし、世の中には結婚できない人や恋人がいない人がたくさんいます。

中には一生懸命に恋人を探しているのに、なかなかできない人がいます。そんな人は「男女の比率に偏りがあるのでは?」と思ってしまうこともあるでしょう。

でも、そんなことはありません。男女の割合は5対5であると考えてください。

では、なぜ恋人ができないのでしょうか?それは探し方に問題があるからです。

例えば、最近流行っている出会い系サイトは、女性に比べて男性の利用者の数が圧倒的に多いです。そのため男性の方は競争率が高いため、頑張ってもなかなか恋人ができないでしょう。

逆に、恋活パーティーなどは男性よりも女性に人気が高いのです。そのため女性の予約はすぐに埋まってしまいますが、男性はなかなか人が集まりません。そのため女性の方は、彼氏を作るのが難しくなるのです。

恋人が見つからない人は、それを上手に利用してください。そうすれば恋人探しを有利に行うことができます。

男性で彼女が欲しいという方は、女性の割合が多い恋活パーティーへ参加し、逆に女性で彼氏を探している方は男性の比率が高い出会い系サイトを積極的に利用すれば、恋人探しが成功するかもしれませんね。

では、なぜこのような現象が起きているのでしょう?

特に出会い系サイトなどは、男性は有料で、女性は完全無料で利用できるにもかかわらず、女性の利用者が少ないという不思議な事態が発生しているのです。

その理由は安心して利用できないからではないでしょうか。出会い系サイトは全く知らない人とメール交換をして会うことになりますので、危険性が高いと言えます。

女性はそのような不安なものに手を出す人は少ないのでしょう。逆に男性は冒険心が強い人が多いため、どんな女性と出会えるか、胸をわくわくさせて利用するのです。

いずれにしても、異性の比率が高いところで恋人探しをすると有利になることは間違いありませんので、恋人探しに苦戦している人は、それを念頭に置いて恋活を行いましょう。

人気がある人ばかり追いかけないこと!

私は学生時代から社会人になるまで、いろいろな人と出会ってきましたが、その中にはとても魅力的で、多くの異性に人気がある人もいました。

学生時代でもクラスで一番美人だった女子生徒は、ほとんどの男子生徒の憧れの的でした。

そんな女性であれば、好きになるのは当たり前ですが、それはとても辛いことなのです。

なぜなら交際したいと思っても、恋のライバルが多いからです。

ライバルが多いほど、自分を選んでくれる可能性は低くなります。

そして自分よりかっこ良かったり、スポーツが得意な男性には敵わないと思い、諦めてしまうことになります。

それが辛いのです。

そして社会人になると、学生時代とは違って、外見だけでなく、いろいろな観点から異性を好きになることがあります。

男性であれば、心を癒してくれる優しい女性を選んだり、女性であれば、男性の職業や収入なども選ぶ基準になります。

しかし、社会人になっても異性に人気がある人はいるのです。

そんな人を好きになると、また恋のライバルと争わなければなりませんね。

そうなると辛い思いをしますし、なかなか恋人は出来ません。

人を好きになるのは自然なことですので仕方がありませんが、複数の人が同じ人を好きになるため、多くの人が辛い思いをする要因となっています。

異性に人気がある人は、それなりに魅力があるのです。

今まで恋人が出来なかった人は、このように多くの異性に人気がある人ばかり追いかけてきたのではないでしょうか!

確かに魅力がありますので、「恋人にしたい」という気持ちはわかりますが、多くの異性と比較されますので難しい面も多いのです。

あなたを選んでくれれば良いのですが、競争率が高いため、恋人になれる可能性が少ないことは間違いありません。

人気がある人ばかりにアタックせずに、目立たなくても魅力がある異性はたくさんいますので、少し視点を変えてみてはいかがでしょうか?

視点を変えた恋人探しというのは、容姿、職業、収入ばかりに捉われるのではなく、普通の人ではなかなか気がつかないその人の素晴らしさに注目してあげることです。

そうすれば、すぐに恋人が出来るかもしれません。

自分の気持ちが本気であることを伝える!

あなたが恋人にしたいと思う人が現われた場合、ストレートに「恋人になってください」と言っても、断られるケースが多いでしょう。

恋人は、それほど簡単にできるものではありません。

もし、あなたが人間的に魅力があったとしても、交際の申し入れを受け入れてくれないこともあるのです。

それは「本気で言っているのだろうか?」と疑う気持ちを持つケースがあるからです。特にあなたが異性から人気があり、憧れの存在だった時は、そのような誤解を招くことがあります。

そんな時はどうしたら良いでしょうか?

答えはとても簡単で、自分が本気であることを伝えれば良いのです。シンプルに考えましょう。

本当に好きであることを証明するために、自筆の手紙を書いたり、手作りのプレゼントを贈るなどして、とにかく誠意を見せるようにしましょう。

そうすれば相手もあなたの気持ちを理解してくれます。

とても美人で男性から絶大な人気を誇る女性が平凡な男性を好きになったり、イケメンでカッコいい男性が地味な女性を好きになることは珍しいことではありません。

客観的にみると釣り合いが取れていないと感じるかもしれませんが、当人たちは全く違和感はないのです。

尚、自分の気持ちが本気であることを伝えるのは、どのようなケースでも重要なことであり、恋人探しが成功するテクニックの1つでもあります。

好きな人に苗字以外で呼ばれるようになること!

あなたは名前を呼ばれる時、苗字と下の名前のどちらが良いですか?

もし、好きな人と心の距離を一気に縮めたい時は、苗字以外で呼んでもらうようにしましょう。

普通は親しくない相手に対しては、苗字で呼ぶのが一般的だと思います。

同じ職場に苗字が同じ人が他にもいる場合は、下の名前で呼ばれることがあるかもしれませんが、それ以外の場合は苗字が多いのではないでしょうか?

そのため苗字以外で呼び合う仲になるには、ある程度親しくならなければなりません。好きな人からニックネームや下の名前で呼んでもらえれば、関係が1歩前進したと言えるでしょう。

相手との関係を深めていけば、自然に呼び方が変わってくるかもしれませんが、もし、希望があるのであれば、自分の方から「こう呼ばれたい」と伝えても良いでしょう。

また、自分のほうからも、好きな人への呼び方を変えてみると良いかもしれません。

以前、フジテレビで放映されていた恋愛バラエティの「あいのり」では、ラブワゴンに新メンバーが乗り込む時に自分が呼んで欲しい名前をボードに書いて持っていますよね。

ニックネームや下の名前で呼ばれることで、心の距離が近づくのです。

男女の関係だけではなく、同性の友人関係であっても苗字同士で呼ぶよりは、下の名前やニックネームで呼んだ方が親しみを感じることが出来ることでしょう。

好きな人へ告白するタイミング

好きな人へ告白するタイミングについて考えてみたいと思います。

このタイミングの良し悪しで、好きな人と交際できるか決まるかもしれません。

最近は草食系男子が多く、どちらかと言うと告白が苦手な人が増えました。

告白しようかと思ってから実際にするまで、大きなタイムラグがある人も多いのではないでしょうか。

おそらく愛の告白をする時に、多くの人は「相手が自分に対して好意があるかもしれない」と感じた時や、「今このタイミングで告白したら上手く行くかも知れない」と自信を持てた時に告白をしているのではないでしょうか。

その方法も悪くはありませんが、告白をしたいのなら「自分が相手のことを本気で好き」という自信のある時にしましょう。

本当に相手のことが好きであることが重要なのです。

「好きかも知れない」など、曖昧な気持ちのまま告白するのはやめましょう。

もし、告白して相手が交際を承諾してくれた場合は、相手のことをずっと愛し続けなければなりません。

中には手に入れた時点で満足してしまい、愛情が薄れてしまう人もいるくらいです。

自分の心に聞いてみて、本気で好きだと自信のある時に告白した方が、交際してからもずっと上手く行くのです。

この人をずっと大事にして行きたいと思った時こそが告白するべきタイミングです。

 

相手に友達以上と思ってもらうこと!

好きになった人に友達以上に見てもらえない時は、とても辛いですね。

特に男性は、このような経験をすることが多いのではないでしょうか。

女性は、特に恋愛相談をするような男性は、異性として見ていない場合が多いそうです。

自分を一人の男性として意識していない女性と恋愛関係になるのは、かなり難しいことなのです。

友達から恋人になるには、好きな人に告白しなければなりませんが、もし、失敗してしまった場合は、好きな人との友達関係さえも崩れてしまうことも考えられます。

しかし、どうしても付き合いたいのであれば、その覚悟をもって行動を起こさなければなりません。

そこまでの決心がつかないようでしたら、告白は控えましょう。

そのため私は告白はしませんでした。良い友達関係を保ちながら、好きな女性と恋人同士になれたのです。

その方法をご紹介します。

私はイベントや行事の時に積極的にアプローチしました。

こういった時に寂しい気分だったりすると、普通にアプローチするよりも効果が高まります。

お目当ての女性の前で、冗談のように振る舞って、自分をアピールしてみたのです。

「彼氏欲しいな」と言っていたら、「ここにいい男がいるよ?」など、相手も自分も笑えるような雰囲気を作り出すのです。

そんな関係を続けていくうちに、自分の気持ちが相手に伝わり、本当に彼氏になることが出来ました。

友達からでも少しずつ、自分をアピールして相手に気持ちを伝えれば、恋人になれるのです。

皆さんも諦めずに頑張ってください。

共感や同調で好きな人の心を掴む

あなたにもし好きな人がいて、何とかしてその人の心を掴みたいと思ったら、ぜひ試して欲しい会話テクニックがあります。

人は誰かと会話をした時に、自分にどのくらい共感・同調してくれるかによって、その人との相性を見極めることがあります。

共感をすればするほど気が合うということですし、共感しなければ気が合わないということになってしまいます。

そのため好きな人と「あるある話」をすることが出来たら、かなり良い関係になれます。

相手が「あるある!」「だよねー」「私(俺)もそう思う!」などと、共感や同調する言葉を返してくれたら、相手の心はバッチリ掴めています。

異性と話す時だけではなく、同性と話す時だって共感するかどうかは重要です。

あなたの友達と初めて会話をした時も、話の中で何か共感出来ることがあったから仲良くなれたのでしょう。

あなただって異性と話す時に興味のない話を長々とするよりも、共感出来る話をした方が楽しいと思いませんか?

話のネタはどんな些細なことでも構いません。

「妹がいるんだ」という、ちょっとした家族構成だけでも話は盛り上がりますし、趣味が一緒ならば更に盛り上がるはずです。

そのためには好きな人が何に興味があるか、あらかじめ調べておきましょう。

そして会話をする前に、話が出来るくらい、知識を豊富にしておくことが大切です。

デートの時は「臭い」に注意!

恋愛をする際に、気を付けておきたいポイントの1つとしてあげられるのが「臭い」です。

臭いと言えば、男性の問題と思われる方が多いかもしれませんが、女性の方も要注意です。

夏場ですと、汗の臭いを気にして汗対策をバッチリしているという方も多いはずです。

しかし、夏場だけ気合いを入れても意味がありません。

それ以外の季節でも油断はできないのです。

また、臭いは汗や体臭だけではなく、口臭も気をつけなければなりません。

口臭などは自分では気が付かないことが多いため、デートの前に身近な人に聞いてみたり、臭いを計測する機器などでチェックするようにしましょう。

もしチェックが難しいようでしたら、デートの前に、ドラッグストアやコンビニエンスストアなどで口臭スプレーを購入して、ワンプッシュしましょう。お口の中に爽やかな香りが漂います。

また、口臭と並んで気を付けたい臭いがワキガです。

女性の方はワキ毛を脱毛している方が多いので、それほど臭いが気にならない人が多いと思いますが、もし脱毛が済んでいない時は、脱毛エステなどを利用して処理するようにしましょう。

男性の方は、ワキガの臭いが深刻な場合は美容外科などで手術を行ったり、あるいはワキガスプレーなどを利用すると、ある程度臭いを抑えることができますので使ってみましょう。

お互いに気持ち良くデートするためには、嫌な臭いは禁物です。

デートの時の最低限のマナーやエチケットと言えるかもしれません。

また、ドライブに行く時は、男性が所有する車で行くことが多いと思いますが、車の臭いもチェックしておきましょう。

車内で嫌な臭いがすると、せっかくのドライブが苦痛になってしまい、女性から嫌われてしまいます。

このように臭いに関しては、注意しなければならないことがたくさんあるのです。

せっかく好きな人とデートするチャンスが巡ってきても、臭いが原因で嫌われることも十分に考えられますので、気をつけてください。

誰にでも優しく出来る男性がかっこ良く見える!

誰にでも優しく出来る人は、恋人探しも成功しやすいものです。

そんな人たちは、身内や友人だけでなく、ファミリーレストランや雑貨屋の定員さんなど、他人に対しても平等に優しく接しています。

そして、逆に他人に優しく出来ない人は恋愛もうまくいきません。

私がそれに気が付いたのは、接客業をしているからです。

私は飲食店で働いていますが、カップルで来店する客の中には、男性が女性にいいところを見せようとする人がいます。しかし、その方法が間違ってます。

その男性はお店のスタッフに大きな態度をとって、自分を偉く見せようとするのです。

以前、私が接客したカップル客の男性が「接客のマナーが悪い」「言葉使いが間違っている」など、文句を言い出しました。

そして、「自分も飲食店を経営しているが、こんな指導をしていない!店長を連れてきなさい」とまで言うのです。

私は余計なお世話だと思いました。「店長は忙しくて来れません」と言うと、「どうせ、恥ずかしくて出てこれないんだろう」と言って笑っていました。

そして料理に対しても批判が多く、私は聞いているだけで疲れてしまいました。

その間、連れの女性は男性を白い目で見ていました。

後日、その男性の連れの女性は、別の男性とお店を訪れました。

そして私に対して、「この間はごめんなさい」と言って謝罪してくれたのです。

聞くところによると、お店に散々文句を言った男性とは、すぐに別れて会っていないそうです。

その男性は自分で飲食店を経営しているので、尊敬していたそうですが、立場が弱い人や劣っている人に対して大きな態度をとる嫌な面を見てしまったので、2度と会いたくないそうです。

そこで私が思ったのは、どんな人に対しても丁寧で優しい男性がかっこ良く見えるという事です。

恋愛で成功するならば、人を差別することなく優しい男性になりましょう。

たくさん食べる女性は嫌われる?

皆さんもよく耳にすることがあると思いますが、「色気より食い気」という言葉があります。

この言葉は、女性に対して使われることが多いと思いますが、実は男性から見て、この「食い気がある女性」が好まれていることはご存知でしょうか?

食い気の強い女性は、自分には色気がないから駄目だとネガティブに考えてしまう人もいますが、それほど悲観的になる必要はありません。

確かに男性から見たら、少しは色気があった方が嬉しいものですが、それよりも食い気がある女性は可愛いと感じるものなのです。

女性が憧れの男性に食事に誘われた時、緊張して食欲がなくなり、あまり食べられない人がいます。

また、あまりガツガツたくさん食べると嫌われてしまうと思い、食べるのを我慢する人さえいますね。

しかし、男性から見ると、「せっかく食事に誘ったのにあまり食べてくれない。自分と食事をするのが楽しくないのだろうか?」と思われてしまいます。

逆に、出てきた食事を美味しそうに食べると、とても幸せそうに見えて、「食事に誘って良かった」と思い、会話も弾んで、その後の展開も上手くいくことが多いのです。

たくさん食べる女性は嫌われると思うかもしれませんが、そんなことはありません。

健康面から見ても食べることは良いことです。

将来恋人になったり、自分の奥さんになる人は健康であって欲しいと思うものです。

食べない人は必要な栄養を摂取できませんので、健康な体を作れません。

それを考えても、たくさん食べる女性は決して男性から嫌われることはないのです。

ただし、食べ過ぎは健康を害することがありますので、注意してください。